ジャイロのしっぽ
GyroとNoelとMittenの暮らし。 天然ケモジャ生活。
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めて電車に乗る。
2007年 01月 16日 (火) 23:28 | 編集
コチラに越して来てから、
今日、初めて電車に乗りました。(笑)

070116_2.jpg

と友人に話したら、『仙人のような生活だな』と云われた…。
彼女の中では人里離れた、すんごい山奥で暮らしているコトになってるらしい。(笑)

久しぶりの電車はちょっぴりドキドキした。
…と云っても1駅なんだけどね。

onnellinenさんに頼んでいたモノを取りに三島まで。

070116.jpg


ココに来ると欲しいモノが盛りだくさんで困ってしまう…。
店内を何回もグルグルグルグル…。
中央のテーブルにARABIAのFAENZAがディスプレイされていたので、
思わず、コレは売り物ですか?と聞いたら、
参考商品なんです、と云われてしまった。
取材か何かがあって出していたものみたい。
早々に撤収されました。
…残念。
ま、なかなか揃わなくて、ゆっくり少しずつ見つける、
というのがいい塩梅なのだけれど。

070116_5.jpg


結局、復刻版を含めて、気になるアイテムがあったのだけれど、
ググっとこらえて、もう一度考えてからまた来ようと、
後ろ髪をひかれつつお店を後に。

特に他の目的があった訳でもないので、お店の方にドコカお店を教えてもらおうと思ったら、
『この辺は何にもないんですよぉ…』と云われてしまった、、、、。

ま、ぢゃ、歩いてみますか。
と、方向音痴が地図も持たずに知らない町を散策~。

070116_3.jpg

ドコカで駅へ引き返そうと思いながら、この道に行ったらドコに行くのかなぁと、
どんどんどんどん歩いていくと、お蕎麦屋さんのようなお店を発見!
蕎麦アレルギーがあるので、ビビリながら近づくと、そこは自家焙煎珈琲のお店でした。
相方さんが珈琲好きなのでお土産にと、お邪魔してみるコトに。

070116_4.jpg


マンデリンがいいなぁと思ったのですが、後1時間くらいかかってしまうというので、
ちょうど出来上がるというアラビアをいただくコトにしました。
待っている間『風珈ブレンド』を淹れてもらって一休み。

そして駅に戻るコースではなく、再び進んでみました。
無謀とも思えたのですが、何だか知らないうちに観光ルートを歩いていたらしく、
三島神社へたどり着きました。(笑)
せっかくなので、お参り。(-人-)
その後もなぜか戻る気がしなかったので、ズンズンと歩いていくと、
ネットで気になっていたレストランやらお店やらを発見!
へぇ、ココにあるんだぁ、と思ったものの、
いざその店へ行こうと思ったら、たどり着けないに違いない、、、、。
中でも普段は電気屋さんなのだけれど、
たまぁに『ぱさぱさ雑貨店』になるという不思議な電気屋さんの看板を見つけたた時には、
思わず"あ!!"と叫んでしまいました。
残念ながら、普通の電気屋さんの日でしたけれど。(笑)
今度、雑貨店になる時には行ってみたいなぁ。(たどり着ければ、、、)

そうこうしているうちに三島広小路駅に到着。
電車に乗って三島まで戻ろうかと思いましたが、
何となく散策したい気分だったので、さっきとは別ルートで三島駅へ戻るコトにしました。

途中、道を見失ったり、かなり危うかったですが、何とか坂を上っていくと寿楽園が見えてきました。
駅に戻ってくると南口に観光案内みたいなトコロがあって、
簡単な散策地図が置いてありました。(ToT)
歩く前に気づいたら良かった、、、。
今日歩いて来たトコロを見直すと、ぐるりんと回って帰ってきた感じです。
結構歩いたな…。
沼津駅からは自転車。
なんかまるでアクティブなヒトみたいだ…。
おかしいな…。
普段はなまけもの生活なのに。(笑)

そして、今日、歩きながらヒトツ気づいたコト。
私は"実験くん"なんだな、と。
『この道に行ったらどうなるんだろう?』とか、
『こっちへ曲がったらドコへ行くんだろう?』とか。
試しに行ってみよう、という感じ。
だから迷子になる。(笑)
ずぅっと自分の中で疑問だった"何かを作る"というコトも、
作るコトそのものが好きな訳ぢゃなくて、
その先の"どうなるんだろう?"がまずあって、
試しに作ってみてる感じなんだな、と。
"手作り大好き"という方との自分との違和感はソコにあったらしい。
スポンサーサイト
copyright (C) ジャイロのしっぽ all rights reserved. designed by polepole...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。